映画・エンタメ

Netflix「トークサバイバー」の感想【面白い?つまらない?】

2022年3月15日

今回は、千鳥出演Netflix「トークサバイバー!」の感想、その理由を紹介します。

こんな方におすすめの内容


・「トークサバイバー!」を観ようか迷っている

・「トークサバイバー!」はなぜ人気か気になる


Netflix「トークサバイバー!」は面白い?つまらない?

「トークサバイバー!」は2022年3月にNetflixのオリジナル作品として公開されたドラマ仕立てのトークバラエティ番組です。

実力、人気共に抜群の千鳥をメインとして、多くのお笑い芸人を中心とした芸能人が出演しています。

「トークサバイバー!」の感想ですが、とても面白いです。


新鮮な内容で、出演しているメンバーも良く、さすがNetflixのクオリティだと感じました。

面白い理由は、主に4つあると考えています。

面白い理由

・番組設定が新鮮で面白い

・出演者が面白い

・製作者が豪華

・Netflixだからこその自由度とこだわり


以下より、具体的に紹介していきます。

「トークサバイバー!」が面白い理由

「トークサバイバー!」が面白い理由について、主に4つあると考えています。

番組設定が新鮮

「トークサバイバー!」は、ただのトークバトル番組ではありません。

はじめにドラマパートがあり、ドラマのストーリーに沿ってトークバトルが始まります。

そして、一番つまらないと認定されたメンバーが降板になる厳しいルールです。

「ドラマ ✖︎ トーク ✖️ サバイバル」と、多くの要素が組み合わさることで新鮮さと面白さが増しています。

また、つまらないと降板という緊張感が、笑いを生み出しています。


千鳥をはじめ、出演者が面白い

出演者は、千鳥をはじめ人気も実力もあるメンバーとなっています。

出演者

【MC】 

千鳥 ノブ


【トークサバイバー出演】

千鳥 大悟

劇団ひとり

峯岸みなみ

アンガールズ 田中

ハライチ 岩井

平成ノブシコブシ 吉村

ヒコロヒー

オズワルド 伊藤

オードリー 春日

錦鯉 渡辺   等


【ゲスト出演】

間宮祥太郎

高橋ひかる

東出昌大   等


Amazonプライムでは、松本人志をはじめとした芸人・芸能人が出演している人気番組「ドキュメンタル」があります。

「ドキュメンタル」と比較した「トークサバイバー!」の出演者の特徴の一つは、少し世代が若いことです。

「トークサバイバー!」では、芸人・芸能人として油が乗った中堅世代、加えてまだまだ闘争心の強い若手世代が存在感を発揮することで、番組としての盛り上がりを作っています。

製作サイドも実力者揃い

実力者揃いなのは、出演者だけではありません。

製作者も豪華です。

企画、プロデューサーは佐久間宣行が務めています。

佐久間プロデューサーは、「ゴッドタン」や「あちこちオードリー」のプロデュースも務める実力者です。




ドラマパートでは、河合勇人が監督を務めています。

河合監督は、「全裸監督」や「かぐや姫は告らせたい」等で監督を務めた方です。

出演者だけでなく、製作者側も豪華であることが特徴の一つです。

Netflixだからこその自由度とこだわり

Netflixだからこその自由度の高さとこだわりの強さも、面白い理由の一つです。


本作品では下ネタも多いです。

TV番組と比べても、Netflix作品だからこその内容の自由度の高さとなっています。


またお笑い番組としてだけでなく、ドラマも本格的であり、Netflixのこだわりを感じます。

さいごに

今回は、千鳥出演Netflix「トークサバイバー!」の感想と、面白さの理由を紹介しました。


「トークサバイバー!」は、Netflixのドラマ仕立てのトークサバイバル番組です。


とても面白いのでおすすめです!

面白い理由


・番組設定が新鮮で面白い

・出演者が面白い

・製作者が豪華

・Netflixだからこその自由度とこだわり


最後までご覧いただきありがとうございました。


-映画・エンタメ

error: Content is protected !!